蔵本りさ

Jazz Singer

蔵本りさ Profile 

山口県岩国市、10月2日生まれ。

幼少時代は祖母に育てられた影響から演歌や歌謡曲を歌いだし、小学5年生の時にはカラオケの全国大会で準優勝を獲得。 高校時代にはR&B、レゲエ、ロックなどでバンド活動をし、詩を理解したいがために英語学習に励み始める。 

19歳で渡米、カリフォルニア州立ディアブロバレーカレッジにおいて基礎音楽理論、発声法などを学んだ後、ニューヨーク市立大学シティカレッジ校に編入。ジャズボーカル科のオーディションに受かりジャズボーカル科を専攻。それと同時に、かねてより興味のあった心理学科を副専攻。ジャズボイスをSheila Jordan, Jay Claytonらに師事する傍ら、クラシック唱法をJanet Steel,ジャズピアノを福森道華のもとで学ぶ。  

在学中、同校主催のアジアフェスティバルで日本の歌をアレンジして披露、ソーラン節やりんご追分などが「ソウルフルだ」と大絶賛を受ける。また、ラテンジャズ界の巨匠、Ray Santos率いるビッグバンドと共演を重ねる。卒業後もニューヨーク市内のレストランなどでジャズを歌い好評を博す。 

2005年11月に帰国。地元山口や広島にて活動の場を広げている。

2011年7月より中国新聞文化講座講師として「楽しく始めるジャズボーカル」教室を受け持つ。

2013年8月、ファーストアルバム「A Child Is Born」2019年5月にはセカンドアルバム「Dew Of Life」をリリース。二児の母として、子育てママが子連れで聴きに来れるライブイベントなどを企画、開催。好評を博す。また、英会話教室や講師を招いての英語発音講座など精力的に行っている。

2015年4月、第1回岩国ジャズストリートを仲間共に立ち上げる。ジャズ文化の普及、音楽による青少年育成、地域コミュニティの交流活性化を目指し日々邁進中。